×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルバム2

落日ほどドラマティクな表情を自然が見せる事は無いでしょう。もっとも昇陽は、空気がクリアーなだけに尚更かも知れませんが、朝が苦手な者にとっては夕焼けに出会えた時の感動は、特別です。紅葉・落日・茅葺き屋根の民家と続くと共通する何やらを感じ、些か寂しくなります。


その1 通りがかりの徒然 
(意図も関連も無く、通りがかりに・・)


その2 落日呆観


 
戻る   次へ

TOPに戻る